Menu

給湯器の調子が悪くなり交換してもらった!どのくらいの日数で交換できる?

数ヶ月ほど前のことですが、マンションの給湯器が壊れてしまい交換をしてもらいました。給湯器は生活になくてはならないものです。お湯が使えなくなるとお風呂にも入れませんし、本当に不便です。また、持ち家とは違って、賃貸マンションに住んでいると自分勝手に修理するわけにはいきません。

今回は私が給湯器を交換した時の体験談を紹介しますので、同じようにマンションに住んでいる方はもしもの時のために参考にしてください。

少しずつ給湯器の調子がおかしくなる

私は賃貸マンションに暮らしているのですが、元々給湯器が設置されていてお風呂や料理の時などは給湯器のお湯を使っています。お風呂は毎日入るものですし、お皿を洗う時や食事を作る時にもお湯を使うので給湯器は欠かせません。

そんな重要な給湯器ですが、ある時ちょっと調子がおかしいなと感じたことがありました。いつもは蛇口をひねると数秒で温かいお湯が出てくるのですが、その時はお湯が出てくるまでに結構な時間がかかったのです。ちょうど冬場ということもあり、外が寒いから時間がかかるのかなと思って、その時は特に深刻には思っていませんでした。

このマンションに住み始めてまだ1年程しか経っておらず、壊れるわけがないという思いもありました。次の日になると今まで通りすぐお湯が出てくれたので、やっぱり大したことなかったとそのまま使い続けたのです。

完全にお湯が出なくなり焦る!

ちょっと給湯器の調子がおかしいなと感じた日から、1ヶ月程経った時のことです。お風呂に入ろうと給湯器のスイッチを入れてシャワーを浴びようとしたところ、何と水しか出てきません。給湯器の電源を入れ直しても、温度を上げてもお湯は出てきませんでした。

これはもう完全に壊れたと思い、裸のまま途方に暮れてしまいました。お湯が出なくなるということは、お風呂に入れなくなるということです。これは本当に困ります。とにかくすぐに直さなければと思い、修理を依頼することにしました。

賃貸マンションの給湯器はどうやって修理する?

給湯器の修理をしようと考えた時、ふと疑問が浮かびました。賃貸マンションの給湯器の修理はどうしたらよいのでしょうか。給湯器は元からついていたものですし、勝手に自分の判断で修理しても良いものか迷ったのです。

勝手に給湯器を変えて後からトラブルになったら困るので、とりあえずマンションの管理会社に相談してみることにしました。夜中だったのですが、管理会社のフリーダイヤルが24時間対応していたので良かったです。さっそく電話して給湯器が壊れたことを伝えると、管理会社側で修理の手配をしてくれるということでした。

そして、私が気になっていた修理費用に関しても聞いてみました。給湯器の修理となるとかなり高額になると思ったので冷や汗ものでした。ちょうどその時期は出費がかさみ、まとまったお金がなかったので修理費が払えるか不安だったのです。

ですが、修理費は管理会社が負担してくれるとのことでした。私は賃貸マンションでの生活経験があまりなかったので、こういう修理費は全部自分で負担するものかと思っていました。しかし、管理会社によると最初から備え付けられていたものが壊れた場合、私に過失がなければ修理費を出す必要はないようです。

これにはほっと一安心でそのまま修理の予定を立ててもらい、修理業者を待つことにしました。

すぐに修理業者が家まで来てくれた!

管理会社に電話をして次の日、すぐに修理業者さんが自宅まで来てくれました。さっそく給湯器を見てもらうとどうやら修理ではなく、交換が必要だとのことでした。しかし、ここで問題が起こります。同じタイプの給湯器に交換をしなければならないのですが、在庫がなくすぐに交換ができないというのです。

どのくらいで給湯器が届くのかと聞くと、3日か4日程度はかかるとのことでした。給湯器がない生活を送るのは嫌でしたが、すぐ修理できないのは仕方がありません。交換をお願いして、新しい給湯器が届くまで待つことにしました。

(給湯器の不具合で交換が必要な場合の管理会社への連絡と注意点)

給湯器がない生活がここまで大変とは思わなかった!

新しい給湯器を待つ間、給湯器がない生活が始まりました。数日くらいならどうにでもなるだろうと思っていたのですが、実際は思っていた以上に大変な生活でした。やっぱり一番大変だったのはお風呂に入れないことです。

家の近くに銭湯でもあれば良いのですが、うちの近所にはありません。友達の家でお風呂を借りることも考えましたが、さすがに毎日借りに行くのは抵抗がありました。仕方がないのでお風呂はポットでお湯を沸かして、それで軽く体を洗い流す程度にしました。

冬場だったのでかなり寒く、辛い思いをしました。頭を洗うのも一苦労で、まさかお湯のない生活がこんなに大変だとは思いませんでした。給湯器のありがたみを感じる数日間になりました。

やっと給湯器が到着!

給湯器のない生活を送ること4日、やっと新しい給湯器が届きました。修理業者さんが持ってきてくれて取り付けてくれたのですが、作業時間は思っていた以上に早く1時間程度で終了。これで、やっと給湯器のある生活が送れるとほっとしました。

修理に来てくれた作業員さんに色々話を聞いてみたところ、私の家についていた給湯器は取り付けてから10年ほど経っていたようです。自分が住み初めてからは1年程度でしたから、まさかそんなに古い給湯器だとは思いませんでした。

確かに新しい人が入る度に給湯器を交換するわけはありませんので、タイミングが悪いとそういうこともありますよね。作業員さんによると、給湯器の寿命はだいたい10年程度だそうです。マンションを借りる時は給湯器がつけられてどの程度経っているかを見ておいたほうが良いかもしれません。

心配していた費用も管理会社の人が言っていたように、特に私が支払うものはありませんでした。自腹で交換となると、10万円程度はかかりそうなので本当に助かりました。

賃貸マンションの給湯器を交換する時は注意が必要!

給湯器が壊れた時ですが、私のように賃貸マンションに住んでいる方はちょっと注意が必要です。契約内容によって自分で直すのか、管理会社が直すのかが変わります。本来は管理会社が直してくれるものを自分で勝手に修理すると費用などでトラブルになることもあるようです。

せっかく無料で直せるのに、わざわざ自分で費用を出して直すのは勿体無いですよね。元々備え付けられていた機器は基本的に管理会社が管理しているものですから、そういったものが壊れた時はまず管理会社か大家さんに相談してみましょう。

特に給湯器は生活にかかせないものなので、調子が悪くなったらすぐに相談することをおすすめします。

参照元→給湯器